ゲームは有線LAN接続がオススメ

無線技術の進歩で、無線LANでも通信速度や応答速度には問題がないものが増えてきましたが通信安定性には問題があります。

無線である以上、近所の方の電波や電子レンジは発する電磁波などの影響を受けてしまいます。たとえ一瞬だけのノイズでも、送信データに異常が起きた場合にはデータの送り直しが発生します。そのせいで「ラグ」を感じることになってしまいます。

極力、ゲームにはノイズの影響を受けにくい有線LANを使用するようにしてください。

無線の必要がある場合

無線の種類に注目

みなさん、「IEEE802.11 b/g/n」といった表記を見たことはありませんか?これは、Wi-Fiの規格です。

一般的な家庭の場合、無線=Wi-Fiですが、Wi-Fiには下記の5種類の規格があります。

規格 周波数帯 最大速度
802.11a 5GHz 54Mbps
802.11b 2.4GHz 11Mbps
802.11g 2.4GHz 54Mbps
802.11n 2.4/5GHz 600Mbps(一般家庭は300Mbps)
802.11ac 5GHz 6,900Mbps(一般家庭は1Gbps)

なるべく5GHz帯を使用しよう

部屋のレイアウトやスマホゲームなど、どうしても無線LANを使う必要がある方は、周波数帯の変更を試してみるのがオススメです。

2.4GHz帯を使用している方→使用率が高く、様々な機器の影響も受けやすい周波数帯です。まず可能なら5GHz帯を使用するように変更することをオススメします。

上記の規格の中では、802.11acと呼ばれるが最も一般的です。

5GHz帯の弱点

速くて電波干渉する機器が少ない5GHz帯ですが、通信範囲が狭く壁などの遮蔽物に弱いという弱点もあります。そのため自宅が2階建てで1階にルーターがあるといった場合には電波が届かない・弱くて途切れるといった場合もあります。その場合は通信強度の高い2.4GHz帯を使用するか、中継器を利用しましょう。

チャンネルを変更しよう

どちらの周波数帯でも近くにwifi利用者がいる場合は、電波干渉を受けて送信データに異常が出ることがあります。

集合住宅の場合はご近所さんの電波なんて数メートル範囲内で飛び交っている状況です。そういう場合には無線LANの使用チャンネルを変更することで改善する場合があります。

ルーターは自動で空いてるチャンネルを検索する

2.4GHzの場合だと13種類あるチャンネルのどれかを使用して通信しています。デフォルトでは「自動」になっていて、ルーター起動時に比較的空いているチャンネルを自動で選ぶようになっています。

しかし、後からチャンネルが込み合ってきた場合や、稼働中だけ電磁波を発する機器によって干渉された場合にはもう一度チャンネルを設定しなおす必要があります。

よく、「ネットが重くなったらルーターを再起動しろ」と言われるゆえんはこれで、再起動によって「自動」機能がもう一度空いているチャンネルを探しなおすため干渉が少なくなり、改善されることがあるからです。

手動で設定する

より確実なのは自分でチャンネル設定する方法です。ルーターの設定画面でチャンネルを設定することができるので、自分で空いているチャンネルを見つけて設定する方が確実です。

2.4GHz帯の場合は、チャンネルどうしが少しずつ重なっているので、完全に離すためには1、6、11といった感じで間隔を開けて設定する必要があります。混んでいるチャンネルからは大きく離して設定してください。

5GHz帯の場合は19チャンネルもあるうえ、すべてが独立しています。そのため、間隔をあける必要がなく空いているチャンネルを選びやすくなります。

こういった点でも5GHz帯の方が優れているため、可能なら5GHz帯を使用することをオススメします。せっかく高性能なゲーミングPCを買ったのにネットがラグかったら楽しむゲームをプレイできません。ゲーミングPCとネットの両方を満たすことが重要です。この記事でネット回線を快適にできたら、あとはゲーミングPCだけです。低性能なゲーミングPCを使うのは本当に勿体無いため、「ゲーミングPCなう | ゲーミングPCの正しい選び方と最新おすすめモデル」を参考に買い替えを検討したほうがいいですね。

空いているチャンネルを探す

手動で設定する場合、空いているチャンネルを自分で探す必要があります。周囲の電波状況を簡単に調べることができるフリーソフトやアプリが多くありますので、ぜひ活用してください。

【代表的なソフト】

<PCで調べたい場合>
WiFi Analyzer PC版

<スマートフォンで調べたい場合>
androidユーザー Wifi Analyzer

iphoneユーザー  Wi-Fi SweetSpots

※Google play、App Storeで無料でダウンロード可能です。

特にスマホアプリの利用は設定方法が簡単で、わかりやすいのでオススメです。